何かご用命等ございましたら弊社まで気軽にお問合せください。

mail:eyinfo@yamasho-pack.com
URL:http//www.yamasho-pack.com

2012年 7月 84号

包装資材・包装機械の
ヤマショウ株式会社
大阪市東成区東中本3-18-22
TEL:06-6971-5222 
FAX:06-6981-9349

盛夏の候、貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

今回は、カートン生産ラインの安心をサポートする、結束された状態で
段ボールケースのギャップ幅と枚数を計測できるA−1式ケース用
”接合間隔外観検査システム”をご紹介します。

主な特徴

特長

用途


「段ボール箱が正しい4角形かを検査します」

段ボール箱は、造る過程で下図1のように各角が90度になっていない「いびつ」な4角形に
なる不具合品が発生することがあり、内容物によってクレーム品となります。

段ボール箱が図1のように「いびつ」になっている場合は、段ボール箱の接合部は図2のように
”広い”または”狭い”状態になっています。

「接合間隔外観検査システム」では、結束機から搬出された段ボール束を瞬時にカメラで撮影し、
束の中に不具合品が混入していないかを検査します。
なお、結束機の速度が低下することはありません。

結束された状態で段ボールケースのギャップ幅と枚数を計測        接合間隔外観 検査システム

A−1式段ボールケース用ギャップチェッカー

A−1式ケースのギャップ(貼合せ間隔)を、結束後に一括検査するシステム。
貼合せ品質チェックによりカートン生産ラインの安心をサポートします。

■装置の外観

■ギャップ

結束(バッチ単位)後にコンベ
ア上を通過するダンボールの
ギャップ幅を計測

【特 長】

@ギャップ(貼合せ間隔)を全数検査

結束後にギャップを一括計測しますので、検品作業を軽減します。

A段ボールの積重ね(バッチ)枚数を検査

結束枚数を計測しますので、数量管理が確実にできます。

Bギャップ計測データの管理機能も充実

・検査データをリアルタイムに表示するヒストグラムを標準装備。
 ギャップ幅の傾向が、視覚的に掴めます。

・計測データの活用(オプション)により、生産管理及び機械管理のお役に立てます。

■設置場所を取らない

■前端、後端を一括検査

■結束枚数(バッチ枚数)の検査

検品作業の軽減

■計測結果を視覚的に表示

ギャップ(貼合せ間隔)の分布の確認